プロペシアジェネリック体験ブログまとめ

プロペシアやフィンペシアなど、ジェネリックを含む薬品の体験談をまとめています

プロペシアのジェネリックフィンペシアのまとめ

フィンペシアは男性型脱毛症(AGA)の治療に用いられる医薬品の1つです。

Business_Man_Office_Office_Scene_For_Web_af9980008161


日本においてはAGA治療薬ではプロペシアが有名ですが、フィンペシアはこのプロペシアと同一有効成分を有しているジェネリック医薬品です。
日本ではこのフィンペシアは厚生労働省の認可を受けていないため販売されていません。
しかし海外では販売されており、これを個人輸入という形で入手することは可能となっています。

ジェネリック医薬品ということでプロペシアよりも安価な値段で手に入れることができます。

プロペシアやフィンペシアは最低6か月間は服用しなければならないため安価に手に入ることは大きなメリットとなっています。


フィンペシアの主成分フィナステリドとは


フィンペシアの有効成分は前述の通りプロペシアと同じものでフィナステリドという物質です。

フィナステリドは男性ホルモンのテストステロンと同じステロイド骨格を持つ構造となっています。

テストステロンは5αリダクターゼによってジヒドロテストステロンに変換されAGAを引き起こしますが、テストステロンとフィナステリドが似ているため、5αリダクターゼは誤ってフィナステリドと結合してしまいます。

これによってテストステロンがジヒドロテストステロンに変換されにくくなって、結果としてAGAに対する改善効果が現れるのです。 


フィンペシアの副作用は心配いらないが禁忌事項あり


フィンペシアは比較的副作用が起こりにくいことが特徴となっています。
よってあまり副作用の心配をする必要はありません。

しかしわずかな確率で副作用が起こることもあります。
その中の代表例として、精液や精子の量が減少して不妊症になってしまうことです。
よってパートナー女性が妊娠を希望している場合には服用すると悪影響が出る恐れがあります。

ですから女性や子供の仕様は禁忌となっています。
この点がフィナステリド(フィンペシア)の最も注意するてんであり守るべき事項です。 

また他の副作用としては高悪性度前立腺がんの発症確率が上がると言われています。
高悪性度前立腺がんとは増殖、浸潤能力に優れたがんのことで進行が早く通常の前立腺がんよりも予後も悪いです。
これはテストステロンの働きを抑えることによって前立腺細胞が未分化状態で存在してしまうためと考えられます。

しかしこれらの副作用はそれほど多くは起こらないので格別に心配する必要はないでしょう。

フィンペシアをオススメする理由


おすすめのポイントは何といってもAGAに対する有効性が証明されていることです。
 
日本国内、海外で臨床試験が行われており、AGAを改善したことが科学的に証明されています。
このことから日本皮膚科学会のAGA治療のガイドラインにおいてもAGAに対してフィナステリドを使用することは最高ランクのAランクがつけられ、使用が推奨されています。

また前述の通り副作用が起こりにくいことも大きなメリットの1つです。

さらにフィンペシアは1日1回の服用で済むため、飲む方の負担も大幅に軽減されます。

そして前述の通りプロペシアより値段が安くかつ、他のプロペシアジェネリックと比較して歴史が長いといった点もポイントです。

AGAの治療は長期間続けることが大事になってきますのでやはり値段が安いのは大きなメリットといえるでしょう。



心配な方は最初は医師にプロペシアを処方してもらい、その様子をみてフィンペシアの使用に切り替えるというのも有効な方法といえるでしょう。 
 
長期的に使用するものなので服用回数、価格、副作用などあらゆる面で負担の少ないものを選ぶのが長続きするポイントです。 

【ジェネリック】フィナロ使用体験談

今回はプロペシアのジェネリック医薬品であるフィナロを使用された方の体験談をご紹介します。

フィナロとはインドの製薬会社であるインタス社が販売しているフィナステリド配合の治療薬です。

ジェネリック品なので価格が安いですが、個人輸入などで入手する必要があるので、その点では少し面倒です。

今回の方はフィナロの仕様に満足いっておられるようです。 続きを読む

フィナステリドは抗アンドロゲン薬の一種

「フィナステリド」をご存知ですか?
一般にはあまり知られていない名前ですが、薄毛業界では効果のある育毛剤として有名ですよね。

フィナステリドは、もともとは前立腺肥大の治療薬として、アメリカの製薬会社が開発した内服薬です。
アンドロゲンという男性ホルモンのはたらきを抑える、抗アンドロゲン薬の一種です。
これを服用する前立腺肥大症患者の中に、薄毛が改善された人が続出したため、育毛剤としても注目されるようになりました。

フィナステリドが薄毛の改善に効果がある理由は、AGAの主原因である悪玉男性ホルモンDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害してくれるからです。
DHTは、男性ホルモンの一種であるテストステロンが、5αリダクターゼという酵素と結合して生まれます。
フィナステリドはテストステロンと分子構造が似ているため、5αリダクターゼが間違ってフィナステリドと結合し、DHTへの変換を阻止できるのです。


続きを読む

AGA治療医院を受診!プロペシア&ミノキシジルを処方されました

apothecary-907566_960_720

私は38歳、男性、会社員です。
普段は広告代理店で営業をしています。

仕事柄ストレスもたまりやすいという事もありますが、祖父・父親と30代前半ですでに髪の毛がなかったという遺伝を持ち合わせていた為、20代の頃から「30代になったらどうしよう・・・」と髪の毛の事では怯えていました。
 

育毛剤についてもすでに20代後半から色々と試しながらも、全然効果も表れないという毎日を送っていました。
そして30代を過ぎた頃から恐れていた事は起き始め、前髪の後退とともにヘアスタイルもばれないようにセットができるスタイルにどんどん変わっていってしまったのです。
 

もう植毛かカツラしか手立てがないのかとあきらめかけていた時、AGA治療に巡り合いました。
 

続きを読む

ジェネリック医薬品「フィンペシア」をおすすめする理由

フィンペシアは、AGA治療薬の代表格であるプロペシアのジェネリック医薬品です。
プロペシアは1か月の薬代が7,500円程度ですが、フィンペシアは1か月分で3,000~6,000円程度だと言われています。
 
続きを読む
記事検索
カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード